2017年10月18日水曜日

「つみたてNISAの違和感」に違和感


日経の証券部次長さんにもの申すのも気が引けますが、でも「財政再建重視、消費税上げろ!」という会社ですから、経済をまったく分かっていないようなので、この際一言言わせて頂きます。

参考
日経の基本方針は「財務省のいいなり」なのに、金融庁の「Fiduciary duty」に逆らうのは、会社としてどうなのか知らん。


さて日経記事「つみたてNISAの違和感」では運用業界の声として次のように書いています。(要旨)

1 インデックス型が優遇され、アクティブ型が差別されている。
(つみたてNISAに適格とされた投信の本数、インデックス型100本、アクティブ型14本)

2 信託報酬が安い物だけが優良な投信という訳ではない。

3 実際(信託報酬などが高くても)年率のリターンが10%を超える優良な成績を続けている投信がある。

4 投資家のニーズはそれぞれ違うのだから、インデックス投信の長期積み立てが、唯一絶対の投資手法だとは言えない。

5 投資は自己責任。行政が商品選びにまで細かく立ち入るべきではない。

と御託を並べています。

しかも大手運用会社OBということで、とても現役が言えないことをご親切にも拾い上げています。

そりゃあ長年運用で飯を食ってきた人は、頭ごなしにアクティブ型はダメだと言われりゃプライドにキズが付くことでしょう。

そして「年率のリターンが10%を超える優良な」投信もあったと思いますし、投資家のニーズもいろいろあるでしょう。

で結局は、せっかく美味しい商売をしているのだから、金融庁は要らぬお節介をしなさんなと言いたいようです。

察するところ日経は、鬱憤やるかたない業界の気持ちを代弁しただけのようです。


でもね、はっきり言って投資はすべて確率の世界なのです。

アクティブ型で優良な投信はありますが、事前にそれが見通せる人は運用業界を初めとしてこの世の中にいないのです。

もしそれが分かれば運用業界は100戦100勝です。

結局、ごく一部の投信は連勝しますが、それは100人でじゃんけんして最後に残った1人にすぎません。

じゃんけんで始める前に全勝する人を予測できないように、連勝する投信は事前に予測できないのです。

そこで投信を購入する時点で何が行われているかと言えば、投資家のニーズを言わせておいて、それに合う手数料の高い投信が「おすすめ」されているのです。

つまり、当たりが1本しかない籤100本からお好みの1本を選ばせるのですが、結局投資家の大半はハズレを引いてしまうのです。

当たり籤は誰にも分からないのですが、ハズレ籤を(特に割高なものを)たくさん用意することで売る側の利益は増大するようになっているのです。

参考
ハズレ籤の中でも割安なものを選ぶことで、長期的には「当たり」となる確率はとても高くなりますから、「割高」=「ハズレ」と考えることは極めて適切な判断と言えます。特にインデックスタイプで割安な投信は、ほぼ当たりになる確率が極めて高いのです。ですから止むに止まれず金融庁が立ち上がり大なたを振るったのです。


日経と大手運用会社OBさんはまさかこのことを知らない訳はないと思うのですが、分かっていて御託を並べるとはどういうことなのでしょう。

「つみたてNISAの違和感」はこの業界の腹黒さが垣間見えるようで強い違和感を覚えます。

最後に、日経と大手運用会社OBに私が言いたいことは1つです。

「黙れ!」





2017年9月11日月曜日

つみたてNISA・・・金融庁がお勧めする老後資金作りの決定版


いよいよ平成30年1月1日からつみたてNISAが始まります。
金融機関の受付は平成29年10月1日からです。

とりあえず多くの方の疑問は、iDecoなどの確定拠出年金、既存のNISAと何が違うの・・・とか、どれがお得なの・・・とか だと思います。

iDecoなどの確定拠出年金は、公的年金制度{国民年金(1階部分)、厚生年金保険(2階部分)}の上乗せ(3階部分)として、投資信託などを毎月積み立て方式で購入する制度で、60歳までは引き出すことが出来ませんが、積立金の全額が所得控除でき、また年金を受け取る時にも公的年金等控除が適用できる超お得な年金制度です。(投稿の最後に比較表を載せていますのでご覧ください。)

NISAは、銀行に眠っているまったく利子の付かない預貯金を投資に回して貰うため、120万円を上限に5年を期限として、投資で得られた利益を非課税とする制度で、老後資金のためと言うよりは、「貯蓄から投資へ」国民を誘導するための制度です。(投稿の最後に比較表を載せていますのでご覧ください。)

しかし、国は「貯蓄から投資へ」と誘導するためこれら制度を作っていますが、結局金融機関の手数料稼ぎに利用され、個人投資家は手数料の高い儲からない商品を買わされる結果となっており、当初のもくろみどおりには普及していません。

参考
NISA口座で実際に利用されている割合は現状45%程度しかありません。55%はブームに乗り口座を作ったものの利用していないのです。

これまで金融庁の軸足は金融機関側にありましたが、そうして作られたこれら制度がなかなか定着しない現状を反省し、つみたてNISAについて金融庁は軸足を思いっきり国民側に持って来たのです。

したがってつみたてNISAは金融機関側がまったく儲からない制度であり、国民側が絶対に儲かる制度になっています。

注意
「絶対儲かる」はチョット言い過ぎで「ほぼ絶対儲かる」ぐらいです。

それでは、NISAとつみたてNISAの比較から、

まとまった預貯金を持っている人はNISAが使えますが、預貯金の少ない若い人たちはNISAが使えません。

またNISAは5年間という中途半端な期間であるため、儲けられるのかどうかびみょ~であり、より確実に投資の利益が得られる(可能性の高い)長期間の投資が望ましいという分析もあります。(下図参照)

                         金融庁「つみたてNISAについて」より

金融庁はたぶんNISA発足当初より5年という投資期間が中途半端であることは分かっていたはずです。

今更保有期間が20年の方が儲かりますよとか言っちゃって・・・

でも投資期間が20年間の方が儲かるのは確かなのです。

ですから金融庁は、現行NISA制度の適用期限を延ばすよう改善すればよいのでしょうが、役人としては「無謬性(絶対に間違いはしない)」を破れないので、別の制度(つみたてNISA)でこれらの問題点を改善しようとしているのです。

別の制度にしたもう一つの理由として、NISAではさまざまな金融商品が選べますが、現状として屑商品が多く、金融機関がたくみにそれらを売りつけ高額な手数料を稼いでいる状況があります。

以上よりNISAはそこそこ儲かるかも知れない制度で有り、つみたてNISAはほぼ絶対に儲かる制度と言えます。

注意
NISAとつみたてNISAは併用できません。いずれかを選択します。1年ごとに切り替えは可能です。


ではつみたてNISAの制度とは

まとまったお金が無く、毎月積み立て方式で投資をしたい人のための口座で、1年間の積立額は40万円以下(月額約3.3万円)で投資信託を定期的に購入し、非課税保有期間が20年間に制限されています。(個別株式は対象外)

注意
確定拠出年金は60歳まで引き出せませんが、つみたてNISAはいつでも引き出せます。当然利益が出ても非課税です。所得控除はNISAと同様にありません。

この制度が使える期間は、平成30年~49年の20年間に限られます。
そうすると平成30年から毎年40万円を積み立てると、最大で800万円が上限となります。

つみたてNISAで金融庁が最も力を入れている点が、屑商品を徹底的に排除した優良商品だけにお墨付きを与えていることです。

参考
当初金融機関は、手数料稼ぎが出来ないつみたてNISAは「商売にならない」と消極的でしたが、若者に投資を広めない限り金融機関の未来はないとの危機意識からしぶしぶ金融庁の指導に従っているようです。

金融庁ご推薦の優良商品とは、次の基準に合格したものだけに限定されています。

1 信託契約期間が無期限または20年以上
2 毎月分配型は絶対だめ
3 デリバティブ商品(先物取引、オプション取引、スワップ取引)もいけません
4 指定されたインデックスに連動しているもの(訳の分からないインデックスはだめ)
5 指定されたインデックスに連動していないもの → とても厳しい基準あり(省略)
6 主たる投資対象資産に株式を含むもの
7 販売手数料は無料(ノーロード)のもの
8 信託報酬が0.5%以下(国内資産)、0.75%以下(海外資産)のもの
9 金融庁へ届出されたもの

ETFについて
1 指定されたインデックスに連動しているもの
2 主たる投資対象資産に株式を含むもの
3 最低取引単位が1,000円以下
4 販売手数料 1.25%以下
5 信託報酬は国内も海外も0.25%以下
 注:海外ETFについては資産残高1兆円以上(かなり厳しいね!何か裏がありそう。)
6 金融庁へ届出されたもの

指定されたインデックス(例)
国内:TOPIX、日経225、JPX日経400、MSCI Japan Index
全世界:MSCI ACWI Index、FTSE Global All Cap Index
先進国:FTSE Developed Index、FTSE Developed All Cap Index、S&P500、
       CRSP U.S. Total Market Index、MSCI World Index、MSCI World IMI Index

この厳しい基準をクリアした優良商品には金融庁のお墨付きが与えられるので、つみたてNISA対象商品はどれも安心して投資できます。

今のところ、この厳しい基準をクリアした商品は120本あります。(8月30日現在)
公募投信114本、ETF 6本

参考
はっきり言って、つみたてNISAだけでなく投資信託を購入するときには、この基準で選びなさいと金融庁は示しているのです。この基準に合わない投資信託は、どんな状況だろうと買ってはいけないのです。

ここまで金融庁が力こぶを入れて作った制度ですから、使わない手はありません。

介護保険や個人年金保険などは超低金利かつ長期固定商品ですから20年後は、実質的に元本割れとなる可能性が高いので、この際多少の損を覚悟ですっぱりと解約し、来年1月からつみたてNISAを始めることで明るい未来がやって来ると思います。

そうすれば、20年後の返戻率が160%を遙かに超えることはほぼ確実です。

参考
日経記事によると「MSCI WORLD指数(配当込み、円ベース)で1969年12月から20年、1970年1月から20年という具合に1カ月ずつずらしながら20年間投資した成績を調べると、16年末までの平均で4.7倍(戻し率470%)、成績が最悪だった金融危機後の2009年初めまでの20年でさえ、7割強(戻し率170%)増えていた。」


ただし一度商品を選んだ後は、20年間地道にこつこつと積立を続け、損が出ても解約したり別の商品に乗り換えたりしなければの条件が付きます。


つみたてNISAは老後資金準備のため、ぜひ活用すべき制度だと思います。

注意
投資は自己責任でお願いします。


参考
老後資金準備として利用可能な年金、非課税口座等を独自に比較してみました。
次の評価要素について各制度及び商品について比較し、優劣を記しています。
<所得控除>賭け金が所得から控除できる(全額◎、一部○、なし×)
<企業負担>賭け金を企業が負担するもの(全額◎、一部○、なし×)
<非課税>運用益について課税されない(全額◎、なし×)
<公的年金等控除>払戻について公的年金等控除が使える(使える◎、使えない×)
<長期投資>投資期間が長期(20年以上◎、5年以上△)
<取扱商品の品質>低品質の商品を含むかどうか(なし◎、一部○、かなり△、ひどい×、超優良◎◎)
<得点>◎3点、○2点、△1点、×0点で集計した値
<評価>合計得点による評価(優良10点以上、良5点以上、可5点未満)







2017年9月10日日曜日

全投稿の一覧です。


2017/12/10  更新


このブログの目次です。
興味があるところをクリックしてみてください。

                         
川島FPへご相談されたい方はこちらをご覧ください。


○個人年金

ニッセイの外貨建て終身保険(ロングドリームGOLD)の評価

・ニッセイ外貨建て一時払い変額年金保険「ラップドリーム」の分析 

・つみたてNISA・・・金融庁がお勧めする老後資金作りの決定版

・「つみたてNISAの違和感」に違和感

賢い投資家のお得な自分年金の作り方


日本生命の「夢のかたち」はおすすめか?

あいおい生命の「積立利率変動型個人年金保険(無配当)」はおすすめか? ←オススメ

「グラフ」で見る個人年金保険商品別の貯蓄額  ←オススメ

「確定拠出型年金」のすすめ 

どうしたらよいか「変額年金保険」

あまりリスクを取りたくない投資家にお薦め

個人年金保険の保険料と年金にかかる「税金」

国民年金、厚生年金の研究

「国民年金基金」はお得か?

東京海上日動あんしん生命の「個人年金保険」はお勧めか? ←オススメ

東京海上日動あんしん生命の「個人年金保険」と「長割り終身」どっちがお得?



○投資の基礎知識

超低金利、もう投資は避けて通れない!

確定利回り43%・・・なぜ使わない!

正しいNISAの使い方  ←オススメ

変額年金の「市場価格調整率」

超簡単・・・お金の運用法

ビットコインの何がすごいのか!

ラップ口座って儲かるの?

・円はなぜ買われるのか?

株価分析の方法

・相場を予想するということ

「複利効果」について  ←オススメ

グラフで納得! 信託報酬と基準価額と分配金の関係  ←オススメ

流動性こそが投資における最大のリスク

金利を理解するために

絵で分かるモダンポートフォリオ理論

モダンポートフォリオ理論の具体例

モダンポートフォリオ理論

ポ-トフォリオによる収益要因分析

リスクってなに?

分散投資



○ETF(上場投資信託)

儲けたい人のためのETF講座  ←オススメ

・レバレッジETFのしくみと危険性について

・日経レバレッジ指数ETF(レバレッジETF)の分析

日本銀行からETFの投資手法を学ぶ

ETFへの投資資金流入が止まらない

いよいよETFの時代が来た!

ETFの現状

「eMAXIS」と「Total Stock Market ETF」を比べてみました

ソロス・ファンドも買っているETF



○投資信託

JPX日経400 の成績(対topix、対日経225)

JPX日経インデックス400を指標とする投資信託はおすすめか?

・JPX日経インデックス400を指標とする投資信託はおすすめか?(補足)

毎月分配型投資信託の今   ←オススメ

投資信託の選び方   ←オススメ

三菱UFJ投信のeMAXIS(イーマクシス)はお勧めか?

通貨選択型ハイ・イールド債券投信はお勧めか?

通貨選択型ハイ・イールド債券投信はお勧めか?(号外)

フィデリティ・グローバル・ハイ・イールド・ファンドはお薦めか?

高金利通貨に興味のある方へ

ブラジルレアルに興味のある方へ



○ライフプラン

老後資金の準備と運用

30台サラリーマンのための貯蓄術と資産運用法



○不動産投資

バフェット氏の不動産投資から学ぶ

住宅を買おうと思っている方へ  ←オススメ

住宅ローンは「変動金利」がよいか「固定金利」がよいか?

不動産投資はお勧めか?

J-REITをご存じですか?






○外貨投資

人気の外貨建て保険を利回りで比較してみました ←オススメ

外貨預金とMMFの比較

高金利の外貨定期預金の登場

外貨投資に為替ヘッジを付けるべきか?

・円高です! ドルを買うチャンスです(2016/4/8)

円高です、ドルを買うチャンスです!

今こそ米ドルを買うときだ!

ユーロ崩壊に備えよう!

為替リスクを取ってまで米国株を買うべきか ?

正しい新興国投資の考え方

外貨投資にモダンポートフォリオ理論を適用してみたら

また円安がやってくる!

イールドカーブが大きく口を開け始めた!



○FX投資

FX投資家のための為替講座

スワップポイントに注目!

FX投資はマクロの視点で 

FXとデリバティブ

外国為替証拠金取引(FX)について

FX(外国為替証拠金取引)における最適な倍率(レバレッジ)は何倍にしたらよいか?



○商品投資

金投資        



○マクロ経済

・リーマンショックで損したもの、得したもの

リーマンショックでわかる日本の投資家の特徴

為替と日米金利差及び国際収支についての分析

モーニングスターに見るマクロ分析

世界市場への分散投資はもはや効果がないのか?

円安こそ国益だ!

世界中で米国債を買えるのは日本しかない!

日本経済の処方箋

投資をめぐるマクロ分析

今後5年間の経済予測

中国経済はリスクの塊だ!

蛇口を閉め始めた中国の金融当局

・次のチャイナショックは核爆弾級!

中国は資本主義経済に変われるのだろうか?

中国共産党は市場に勝てるのだろうか?

中国の金融システムと理財商品

”インフレ”よこんにちは

日本銀行のトリビア



○ランダムウォーク
                                      
投資のプロはサルに勝てるか?  ←オススメ

投資のプロは詐欺師なのか?

投資家は何を信じればよいのか?  ←オススメ

個人投資家はどうしたらよいか?

ランダム・ウォーカーは嫌われ者?



○哲学

「損切り」の理論と哲学

投資の哲学                                      

ファイナンシャル・リテラシー

世界最強の投資家

秀才と強欲



○相場三昧伝

投資の哲学(投資で勝つ方法)    ←ぜひオススメ                                                    


            
○その他

田中角栄とデモクラシーについて

森友学園問題は財務省がしかけたクーデターだ!

公営ギャンブルとカジノ・・・どちらが儲かるか?

セロトニンと投資脳の関係

積立額と年金額がわかるソフトのアップ

太陽光発電(ソーラー発電) 投資は儲かるか?   ←オススメ

ラップ口座って儲かるの?




保険のブログもあります   ←オススメ

人気の医療保険比較

第一生命㈱の保険(順風ライフ、順風人生、堂堂人生など)

かんぽ生命の保険(新ながいきくん、新フリープランなど)

がんばろう日本





家計見直し相談の受付
                                



Copyright Kawashima fp office .
All rights reserved.

家計見直し相談の受付



投稿をご覧いただきありがとうございます。


株式や債券、投資信託などの金融商品を選ぶことは簡単ではありません。

まして高額な金額を投資して万一損失が出たらと考えると二の足を踏まれるかも知れません。


一方思い込みが強い方は集中投資により大きく儲けたり、大きく損失を出したりしておられるのではないでしょうか。


私は未来が分かる水晶玉は持っていませんが、投資におけるリスクコントロールの方法は知っていますから、5年先、10年先にハッピーになれるポートフォリオを組み立てるお手伝いはできます。

このブログを読まれ川島FPに相談をしてみたいと思われた方はメールをお送りください。


ご相談につきましては有料にて承ります。


有料のご相談となるかどうかは内容によりますので、とりあえずはメールにてお問い合わせください。

簡単な内容であれば、返信のメールを送信するだけとなります。(無料)

有料のご相談となる場合は、あらかじめその旨ご説明し、ご了解を得てから資料の作成等を行い、ご要望に沿った提案をさせていただきます。

相談料につきましては、私からの「提案」をさせていただいた後に、提案内容がご納得いただけたらご入金をお願いしています。


また当事務所は独立系FPであり、保険や投資信託などの金融商品は販売しておりません。
このためご提案の内容に取扱商品を入れるような利益誘導型の業務はしておりませんのでご安心ください。

ご相談ではなくても私のブログについてのご意見や励ましご要望なども歓迎します。



ご相談料

○メール相談(表はクリックすると拡大します。)



ご相談は匿名(ニックネーム等)でもかまいません。
保険の見直しでは生年月日が必要です。

メール  fp.kawasima@gmail.com


○訪問・面談による相談
基準相談料 10,000円/時間(面談の時間あたりの料金です。)
事前の情報交換等はメール相談(具体的な提案、回答を行う場合)以外は無料です。
交通費は実費(30円/km)となります。
(主として千葉県北東部の地域)

メール  fp.kawasima@gmail.com


Google Chromeを使わずに他のメールソフトを使われる場合は、次のアドレスをコピーし宛先に貼り付けてください。
fp.kawasima@gmail.com


ご相談者様からいただいたご感想

49歳 女性 I様
詳細で丁寧な報告書をありがとうございました。
じっくりと読んで、実行したいと思います。
今回の相談を通して、我が家の状況を確認できてよかったです。
これから、川島様のアドバイスに従ってシンプルに整理していこうと思います。


44歳 男性 G様
本当に有難うございました。
もちろん自己責任で行いますが、道筋をたてて頂き感謝しております。
メールでのやり取りだけではございますが、先生の実直で、丁寧な対応にとても安心できました。


63歳 男性 F様
今回投資を始めるにあたり川島様にご助言を頂き、スタートからこんなにはっきりとした方向が示されたのは初めての事でした。
自己責任で有る事は勿論ですが、安心を持って投資を始められることに改めて感謝いたします。
有り難うございます。


30歳 男性 D様
報告書については非常に納得が出来、大変参考になりました。
このような個人に対して丁寧に報告書を作成して頂けたことに感謝いたします。
川島さんに相談させていただき、本当に良かったと思います。


35歳 女性 C様
とても詳しい提案をして頂きありがとうございました!
じっくり読んで、自分に必要な保障をシミュレーションして決めようと思います。
思い切って相談して良かったです。


41歳 男性 E様
このたびの有益なご提案、誠にありがとうございました。
先生のおかげで、これまで敬遠気味だった保険への理解が一気に進みました。


35歳 女性 A様
図表を使って明快に比較結果をお示しいただき、大変わかりやすく、参考になりました。
何度もこちらの質問に丁寧にお答えいただいて、誠にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。


44歳 男性 B様
保険営業の方・ネット等、色々話しを聞きましたが、川島様の説明が一番分かりやすく的確でした!